腰痛に悩まない健康な身体づくりをしましょう

医者

更年期に起こる症状

腰痛

更年期障害を上手くのりきるためには、毎日の健康な身体づくりと、栄養バランスがきちんと取れる食事を取る事が重要となってきます。人によっては、身体に不調を強く感じる事もありますので、無理はせず、専門医に相談する事も大切です。

詳細へ

年齢を重ねると起きる症状

案内

脊柱管狭窄症は、若い時に重労働を行った人、長時間座り続ける事が多い人が年を重ねて行くうちにかかってしまう症状になります。これらは、治療やコルセット、神経ブロックなどで症状を改善する事が出来ます。

詳細へ

自分に合った療法を

男性

脊柱管狭窄症の治療は症状や状態によって異なってきます。症状を改善するためにも、専門医に見てもらい、自分の症状に合った治療方法を行なって下さい。焦らずに、ゆっくりと時間をかけて治療に取り組むのも改善に繋がります。

詳細へ

腰痛の原因となるもの

病棟

腰痛とは、腰に負荷を与える体勢で重たい荷物を持つ事や、腰を曲げたままの姿勢でいると、腰にとても強い痛みを感じる事をいいます。腰痛にもいろいろあり、何気ない行動や動作で起こる腰痛や、椎間板という腰の骨を支えているクッションの役割を果たしているものが、つぶれてしまい骨を支えきれなくなってしまった時に起こる腰痛などがあります。

他にも、体力が衰えてしまって起こる腰痛もあるのです。この腰痛は、生活習慣の乱れから起こるものとされているので、注意する必要があります。生活習慣を改善すると症状が良くなる事もありますので、生活習慣を見直してみましょう。生活習慣を整えても腰痛が良くならない場合は、病院で検査を受ける必要があるため、直ぐに病院に行く事が大切です。

腰痛は、年齢の高い方がなるといわれていましたが、最近では、若い方でも腰痛で悩む方が増えています。こういった場合ですと、運動不足や、偏った食事から引き起こす事が多いそうです。また、多くの若い方は姿勢が悪い状態で長時間過ごす事が多い事が多いので、腰を痛めたり、腰痛を悪化させてしまったりする事があります。日頃から、姿勢や無意識に行う行動や体勢を意識してみる事も改善方法のひとつになります。

腰痛予防として、腰痛の痛みを和らげる効果があるとされるサプリメントや、腰痛の痛みを和らげるロキソニンという薬品が含まれている湿布を使用する方が多くいます。いろいろな予防方法がありますので、自分に合った予防方法を行うと良いです。